オンテックスで依頼しよう!リフォームの特徴

オンテックスでリフォームをする際にはイメージをしっかり伝える!

リフォームとリノベーションの違いは?

小規模工事のリフォーム

リフォームは部分的な改修をするので、壁紙や床の張替え、内装の工事、水回りの工事を行います。原状回復をする際の工事もリフォームです。

大規模工事はリノベーション

部屋を増やしたり、間取りを変えたりすることが出来るのが、リノベーションです。リフォームではできない大きなデザインの変更をすることができます。家全体を取り替えるというイメージです。

オンテックスで依頼しよう!リフォームの特徴

一軒家

リフォームにかかる費用

リフォームにかかる費用は、改修工事をする部分によって大きく異なります。お風呂などの水回りの場合の相場は100万円前後です。外回りの場合は150万円以下、内装のリフォームは70万円程度の費用が掛かります。リフォームをする際には、減税・補助金・助成金・ローンなどの制度を活用することが出来るので、利用しましょう。

イメージを伝える

オンテックスでリフォームをする上で最も大切なことは、自分のイメージを伝えることです。打ち合わせをする際には、デザイナーとデザインのヒアリングをします。その段階でヒアリングがしっかりできなければ、リフォームが失敗してしまう恐れがあるので気を付けましょう。ヒアリングが終了すると、パースイラストが完成します。パースイラストはヒアリングを元にできた完成イメージ図です。パースイラスト見ながら細かいデザインを決めていきますので、面倒がらずに自分のイメージをしっかり伝えましょう。

自分のセンスでデザイン

パースイラストの確認ができたら、実際にリフォームをする家に行き、寸法を測りイメージを固めていく作業をします。イメージが固まってくると、細かいデザインの打ち合わせをするので、事前に自分のイメージや理想を考えておくことが大切です。フローリングの素材や壁紙の色などの内装を決めていくので、自分のセンスがでます。なのでこの際にも自分のイメージをしっかり伝えるようにしましょう。

広告募集中